管理人の部屋

ハサマレクマネコ

管理人:ハサマレクマネコ
基本的に金曜日の更新は
お休みです(´・ω・`)

このサイトについて

最近の記事

反響の大きい記事【2010/06】

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1970:【文化】 光市母子惨殺事件、ドラマ化。主人公は江口洋介…監督「永久追放されてもいい、と覚悟」

2010/07/07 (Wed) 23:42
  

1:☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2010/07/07(水) 08:44:33 ID:???0
  ★「いまの事件」描く怖さ覚悟 光市母子殺害、ドラマ化

  ・山口県光市で1999年に起きた母子殺害事件を題材にしたドラマ
  「なぜ君は絶望と闘えたのか」を今秋、WOWOWが放送する。
  監督は、松本清張原作「点と線」など数々の秀作ドラマを手がけた
  石橋冠。「事件は結審しておらず、時の試練も経ていない。(実際に)
  起きたことを断定できない怖さがある」とドラマ化の難しさを語りつつ
  覚悟を決めて描いたという。

  「プレッシャーを感じている」。石橋が、そう語る物語の原作は、
  フリージャーナリスト門田隆将さんの同名ノンフィクションだ。
  残忍な事件発生から裁判にいたるまでの、遺族の本村洋さんの苦悩、苦難の
  道のりをつづっている。「ドラマをつくる人間なら必ずほれる本」と監督は
  言うが、死刑判決を受けた元少年が最高裁に上告中で、しかも、メディア
  スクラムなどのマスコミ批判も含んでいたため、ドラマ化を断念したテレビ局も
  あったという。報道部門を持たず、民放のようなスポンサーへの配慮が不要な
  点も、ドラマ化を後押ししたといえる。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

1557:【社会】弁護士のテレビCM急増 背景に借金した人が払いすぎた利息を取り戻す"過払い金返還請求" 広告費に月間数千万円も

2009/07/21 (Tue) 02:03
  

1:◆PENGUINqqM @お元気で!φ ★:2009/07/19(日) 19:38:38 ID:???0
  これまでテレビCMには縁のなかった弁護士事務所の広告出稿量が
  急増している。背景には、消費者金融などから借金した人が払いすぎた
  利息を取り戻す、過払い金返還請求と、それを巡る弁護士と司法書士との
  「依頼人の奪い合い」がある。10数人の事務所で、広告費に月間数千万円を
  かけているようで、「大企業並みのCM攻勢」(企業の広報関係者)なのである。

  ■1社でスポット月3000~4000本が流れる

  世界的な景気悪化で企業が広告費をしぼっている中で、テレビCMの
  出稿企業が様変わりしつつある。自動車やAV家電などの商品CMの露出が
  減り、パチンコや通信販売などのCMが増えている。これに、最近目立って
  きたのが弁護士事務所。これまでテレビCMとはほとんど縁がなかっただけに、
  目にした人はちょっとした驚きがあるかもしれない。

続きを読む »

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

1533:【東京】TBSドラマ「MR.BRAIN」で殺害された都議と同姓の民主党現職女性都議、「迷惑だ」とTBSに抗議

2009/07/02 (Thu) 00:28
  

1:春デブリφ ★:2009/07/01(水) 02:20:02 ID:???0
  ★出馬予定の現職

  今月20日に放映された、木村拓哉さん主演のTBSドラマ
  「MR.BRAIN」で、事件に巻き込まれ殺害される設定の女性都議と、
  実際に都議選(7月3日告示、12日投開票)に出馬を予定している
  現職の女性都議の姓が同一だとして、この都議の陣営がTBS側に
  抗議していたことがわかった。

  TBS側は「フィクションである旨を丁寧に説明し、理解頂いている」とするが、
  陣営内からは「選挙を目前にした時期なのに無神経過ぎる」と批判の声が
  上がっている。

  TBSによると、ドラマは、木村さんが演じる警察庁科学警察研究所の
  脳科学者が、脳に関する知識を駆使して犯人を突き止めていくストーリーで、
  20、27日の放映分では、大沢逸美さんの演じる女性都議の「松下百合子」が
  拳銃で撃たれ、殺害される事件が盛り込まれていた。

続きを読む »

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

1501:【文化・映画】手書き風字幕からゴシック字幕へ…「若者にとって手書き風字幕は見にくい」 DVDの普及による映画離れの影響も

2009/06/15 (Mon) 01:01
  

1:イカ即売会φ ★:2009/06/13(土) 00:02:56 ID:???0
  かつて「書き屋」「タイトルライター」と呼ばれる職人が一文字一文字を
  筆で書いていた洋画の字幕。その名残で、パソコンの機械的な文字が
  はんらんする現代でも「手書き風フォント」が使われ続けてきたが、近年、
  ゴシック文字の字幕が増えているという。

  味わいのある“手書き”の文字は、スクリーンから消えてしまうのか-。

  洋画の輸入が始まったのは一九三〇年代で、当時の字幕は「パチウチ方式」。
  カードに筆で字を書いた「タイトルカード」を基に凸版を作り、フィルムに直接、
  傷をつける、やや原始的な方法だ。その後、手書きのタイトルカードを撮影して
  字幕だけのネガを作り、映像ネガと重ねてプリントする「撮影/焼き込み方式」が
  主流になった。

  手書き字幕が消えていき、活字で字幕ネガが作られるようになったのは
  八〇年代から。パソコンが出回り始めた時期と重なる。二〇〇〇年ごろには、
  文字をフィルムにレーザーで焼き込む「レーザー方式」が登場し、現在に至った。

続きを読む »

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

1486:【社会】元「あのねのね」の原田伸郎さん、銃刀法違反で書類送検へ 生放送の情報番組で猟銃手に取り「うわ、重たいもんですね」と話す

2009/06/02 (Tue) 01:39
  

1:おっおにぎりがほしいんだなφ ★:2009/06/01(月) 16:42:19 ID:???0
  元「あのねのね」のメンバーでタレントの原田伸郎さん(57)が
  テレビ番組で不法に猟銃を所持したとして、滋賀県警が銃刀法違反の
  疑いで、番組を制作・放送したびわ湖放送の本社(大津市)を捜索
  していたことが分かった。

  原田さんからも事情を聴き、銃を手渡した猟友会員や番組制作スタッフ、
  同社とともに書類送検する方針。

  疑いが持たれているのは1月17日に滋賀県余呉町で撮影、生放送
  された観光情報番組「ときめき滋賀’S」。

  番組を録画したDVDでは、原田さんは、民家で地元猟友会の
  男性(49)が持ってきた猟銃を手に取り、「うわ、重たいもんですね」
  などと話していた。

続きを読む »

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

ブログ TOP » 次のページ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

フリーエリア

 

フィードメーター - ヌコニュース ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。