管理人の部屋

ハサマレクマネコ

管理人:ハサマレクマネコ
基本的に金曜日の更新は
お休みです(´・ω・`)

このサイトについて

最近の記事

反響の大きい記事【2010/06】

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

:スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1991:【社会】 "なぜ、日本は外国人がこんなに増えたのか?" 生活保護もらう外国人は5万人以上…外国人に対する日本の無警戒ぶり

2010/07/24 (Sat) 21:00
  

1:☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2010/07/24(土) 18:11:07 ID:???0

  ・「最近、身近に外国人の急増ぶりを実感します。中国人が生活保護を
  大量申請した騒ぎがありました。一体、なぜ外国人、特に中国人がこれほど
  増えたのでしょうか」=川崎市多摩区の主婦(37)


  法務省の入国管理統計でも外国人は増加し続けている。入国管理統計を
  取り始めた昭和25年、年間1万8000人だった日本への入国者数は
  平成20年に914万人にまで増えた。1千万人近い外国人が一年間で
  日本を訪れる計算だ。

  このうち、日本で暮らす登録外国人数で見ると中国人の動きが突出している。
  10年にトップは韓国・朝鮮人で63万8828人。中国は27万2230人に
  過ぎなかった。ところが、中国人は14年に40万人、17年には50万人と
  ハイペースで増加。19年には60万6889人になり、トップに立った。
  20年には65万5377人で70万を超える勢い。人口70万といえば
  政令市の人口要件を上回る規模だ。永住が認められた永住者も年間約6万人
  増の49万2056人に。ここでも中国人の伸びは目立っており、10年の
  3万1591人から、20年には14万2469人にまで急増した。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

1979:【社説】民意は政権交代が間違いだったとの判断を下したのか?そうではない。そもそも参院選は「政権選択選挙」ではない-朝日新聞

2010/07/12 (Mon) 18:21
  

1:出世ウホφ ★:2010/07/12(月) 14:02:34 ID:???0

  民意は、菅首相率いる民主党政権に退場を促すレッドカードを
  突きつけたのだろうか。政権交代そのものが間違いだったという
  判断を下したのだろうか。

  そうではないと私たちは考える。


  2大政党の主な公約が似通う中で、何を選ぶのかが難しい選挙だった。
  とはいえ比例区の得票では民主党が自民党を上回り、非改選議席を
  加えれば、なお第1党だ。有権者は民主党に猛省を迫ったが、政権を
  手放すよう求めたとまではいえまい。

  民意は一方で自民党を復調させた。ようやく実現した「2大政党による
  政権交代のある政治」をさらに前に進め、鍛え上げるよう背中を押したと
  とらえるべきだろう。

続きを読む »

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

1968:【朝日新聞】外国人選挙権、「安全保障に悪影響を及ぼす」などの反対論は外国人への蔑視や排斥を助長しかねない

2010/07/05 (Mon) 23:40
  

1:出世ウホφ ★:2010/07/05(月) 03:16:33 ID:???0
  外国人選挙権―多様な社会への道を語れ 「国のかたち」をめぐる
  各党の主張の違いに注目したい、と産経新聞が6月28日付「主張」
  (社説)に書いている。その点には同感である。

  特に、永住外国人に地方選挙での投票権を認めるか、否か。経済や外交で
  2大政党の違いが見えにくい中、日本を大きく分ける論点の一つだ。

  参院選に向けたマニフェストや公約に、公明党、共産党、社民党が
  「実現を」と書き込んだ。反対を打ち出したのは自民党、国民新党
  たちあがれ日本、みんなの党などだ。

  情けないのは民主党である。マニフェストでは一言も触れていない。

続きを読む »

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

1961:【話題】日本の16強は運に恵まれていただけ 決定力不足のチームをつくった岡田監督の罪は大きい 反省の弁を聞きたいものだ

2010/07/01 (Thu) 00:54
  

1:影の軍団ρ ★:2010/06/30(水) 17:34:02 ID:???0
  南ア通信が、「今大会でもっとも退屈な試合のひとつだった」と
  酷評すれば、実況中継した英民放テレビは「日本にもっと野心が
  あれば、別の結果になっただろう」と、日本代表のふがいなさを
  見事に言い当てた。

  また、ブラジル民放テレビは「技術的には低いレベルにあった。
  日本はカウンター狙いか、パラグアイのミスを待ち続けた」と辛口だった。

  世界中が認める大凡戦での敗戦だったわけだが、ドイツサッカー協会公認
  S級コーチの鈴木良平氏は、「サッカーというスポーツは守備だけでは
  勝てない」と戦術不足をこう指摘する。「相手の脅威はFWバリオスだけで
  日本選手も恐らくわかっていたはず。この日は前半から守備的で、最後の
  最後で勝負をかけてきたような試合になったが、勝つためにアグレッシブ
  だったとはいえない。

続きを読む »

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

1917:【社説】 「普天間…鳩山首相の責任は重い!重要なのは政権交代の意義。まだ1年未満。しばらくやらせるべき。首相退陣論は×」…朝日

2010/05/30 (Sun) 23:54
  

1:☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2010/05/29(土) 13:33:08 ID:???0
  ・これが、鳩山首相の「5月末決着」の姿だった。深い失望を禁じ得ない。
  普天間問題は最後まで迷走を続けたあげく、政府方針が閣議決定された。
  臨時閣議に先立ち発表された日米共同声明とともに、移設先は名護市
  辺野古と明記された。これは、首相が昨年の総選挙で掲げた「最低でも県外」
  という公約の破綻がはっきりしたことを意味する。首相の政治責任は限りなく
  重い。

  首相は決着の条件として、米国政府、移設先の地元、連立与党のいずれの
  了解も得ると再三繰り返してきた。しかし、沖縄は反発を強め、訓練の
  移転先として唯一明示された鹿児島県徳之島も反対の姿勢を崩していない。
  社民党党首の福島瑞穂担当相は署名を拒み、首相は福島氏を罷免せざるを
  えなくなった。

  「5月末決着」という、もうひとつの公約すら守れなくなることを恐れ、
  事実上、現行案に戻ることで米国とだけ合意したというのが実態だろう。
  地元や連立与党との難しい調整を後回しにし、なりふり構わず当面の体裁を
  取り繕おうとした鳩山首相の姿は見苦しい。

続きを読む »

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

ブログ TOP » 次のページ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

フリーエリア

 

フィードメーター - ヌコニュース ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。